MENU

閉じる

閉じる


トップ > くらしの情報 > 出産・妊娠・子育て > 予防接種

予防接種

(必須項目です。必ず入力してください)
トップページ「更新情報」のタイトル

予防接種事業を更新しました

 

乳幼児・児童予防接種

◆予防接種の計画を立てましょう◆
 ・配布している冊子「予防接種と子どもの健康」をよく読みましょう。
 ・1週間前までに医療機関に予約しましょう。

◆予防接種を受けに行く前に◆
 ・お子さんの体調がよいかチェックしましょう。
 ・接種日、時間は必ず守り、体調や都合の悪い場合は必ず予約した医療機関に連絡しましょう。
 ・予防接種を受ける際は、保護者の同伴が原則ですが、やむを得ず保護者以外の方(祖父母など)が同伴する場合、こちらの「委任状」PDFファイル(103KB)に記入し、接種日に持参ください。

◆持ち物◆
  母子健康手帳、予防接種予診票、健康保険証
  委任状(保護者以外の方が同伴する場合)

◆接種料金◆
  ・下の<定期予防接種の詳細>から見ることができる予防接種はすべて無料です。
  ・対象月年齢をすぎると任意接種となり、全額自己負担となります。

 

子どもの定期予防接種

◆接種開始時期◆

 生後2か月から接種できます。保健師が「こんにちは赤ちゃん訪問」した際に、予診票等の一式を配布しながらご説明します。

◆予防接種の種類や接種間隔◆

定期予防接種の詳細PDFファイル(123KB)はこちらをご覧下さい。

◆接種医療機関◆

 ・定期予防接種のみ、県内の受託医療機関で接種可能です。

 ・市外の医療機関で接種を希望する方は、その医療機関で接種可能な予防接種をあらかじめご確認ください。

 ・北秋田市内の実施医療機関PDFファイル(143KB)はこちらをご覧ください。

子ども等の任意予防接種費用助成(助成期間H31年3月31日まで)

◆助成の利用方法◆

 ・助成を受けるための手続きは必要ありません。

 ・各医療機関の接種料金から助成額を差し引いた自己負担分を医療機関にお支払いください。(接種料金は医療機関にお問い合わせください)

 ・予診票は接種をする市内医療機関にあります。

◆ご注意◆

 ・この助成は北秋田市民の方のみです。

 ・市内の実施医療機関で接種した場合のみ助成されます。

予防接種名 助成対象
(年齢:接種日現在)
必要な接種回数 助成回数 助成額
おたふくかぜ 1歳以上5歳未満 1回~2回 1回のみ 4,000円
インフルエンザ ①生後6か月以上18歳
 (高校3年生相当)
②妊婦

1回~2回

※接種する

年齢により

回数が異

なります

13歳未満
 2回
13歳以上
 1回
(1回)
1,500円
ロタ(2種類) 【1価ワクチン(ロタリックス】
 生後6週以上24週未満
2回 2回 (1回)
7,500円
【5価ワクチン(ロタテック】
 生後6週以上32週未満
3回 3回 (1回)
5,000円

おたふくかぜ・ロタの市内実施医療機関PDFファイル(143KB)はこちらをご覧ください。

インフルエンザの市内実施医療機関PDFファイル(112KB)はこちらをご覧ください。

65歳以上の方の予防接種

◆助成の利用方法◆

 ・各医療機関の接種料金から助成額を差し引いた自己負担分を医療機関にお支払いください。(接種料金は医療機関にお問い合わせください)

 ・助成を受けるための手続きは必要ありません。

 ・予診票は接種をする市内医療機関にあります。

◆ご注意◆

 ・【任意】肺炎球菌予防接種は市内実施医療機関PDFファイル(111KB)でしか接種することが出来ませんのでご注意ください。                                                                                                  

予防接種 助成対象 助成額 助成期間
【定期】
インフルエンザ
①65歳以上の方
②60歳以上65歳未満で心臓・じん臓・呼吸器機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能等に一級程度の障がいをお持ちの方
1,500円 平成30年10月1日
から
平成31年2月28日
まで
【定期】
肺炎球菌

①今年度に65.70.75.80.85.
90.95.100歳になる方

②60歳以上65歳未満で心臓・じん臓・呼吸器機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能等に一級程度の障がいをお持ちの方

3,000円 通年
【任意】
肺炎球菌
※市内実施医療機関のみ
①65歳以上で定期予防接種対象者以外の方

②前回の接種から5年以上経過し、医師が2回目以降の再接種を認めた方
3,000円 

通年

肺炎球菌予防接種の詳細(対象年齢の詳細)PDFファイル(129KB)はこちらをご覧ください。

インフルエンザ・肺炎球菌の市内実施医療機関PDFファイル(112KB)はこちらをご覧下さい。

予防接種健康被害救済制度について

 予防接種による副反応のため、医療機関で治療が必要な場合や、生活に支障がでるような障害を残すなどの健康被害が発生し認可された場合に、給付を受けられる制度があります。

 定期予防接種は予防接種法による「予防接種健康被害救済制度」、任意予防接種は独立行政法人医薬品医療機器総合機構法による「医薬品副作用被害救済制度」での対応となります。

 詳細はお問い合わせください。

県外での定期予防接種の実施について

 平成30年度より、里帰り出産や県外医療機関に入院中などやむを得ない理由がある場合、県外での医療機関でも定期予防接種を受けることができます。

 接種を希望される方は事前に手続きをしていただく必要がありますので、医療健康課までご連絡ください。

<対象となる予防接種と費用>

〇子どもの定期予防接種・・・無料

〇高齢者インフルエンザ・肺炎球菌定期予防接種・・・接種費用の一部負担あり

<ご注意>

・領収書での償還払いはできません。

・接種日において北秋田市に住民登録があり、定期予防接種の対象年齢の方に限ります。

・事前申請から、手続きが完了するまで2~3週間かかりますので、お早めに手続きをお願いします。

お問い合わせ先

北秋田市健康福祉部医療健康課健康推進係
〒018-3315 秋田県北秋田市宮前町9-69
TEL:0186-62-6666 FAX:0186-62-6667

ページの先頭へ