MENU

閉じる

閉じる


トップ > 北秋田市消防本部 > 住宅用火災警報器を設置しましょう

住宅用火災警報器を設置しましょう

(必須項目です。必ず入力してください)
トップページ「更新情報」のタイトル

消防法の改正により、平成23年6月1日から住宅火災警報器の設置が義務化されました。皆さんのご家庭では、住宅用火災警報器の設置はお済みでしょうか。まだ設置をしていない方は早急に設置し、逃げ遅れ等の被害を未然に防ぎ、安心して生活ができるご家庭にしましょう。

消防法により設置が義務づけられました

火災警報器設置の効果

住宅火災で死に至った方々の原因として、1番多いのが「逃げ遅れ」で全体の6割を占めており、続いて「着衣への着火」(約10%)、「再進入」と続きます。

消防庁の調べによると、住宅火災で警報器等を設置していた住宅と設置していない住宅を比較すると、設置していた住宅の死者数は3分の1程度に減少しています。

火災警報器設置のQ&A

住宅用火災警報器とはどんなもの?

住宅における火災の発生を未然に又は早期に感知し、及び警報する警報器・設備であり、次のいずれかを設置することとされています。

○住宅用火災警報器 → 感知部、警報部等が一体となった単体タイプの警報器で、火災を感知した火災警報器だけが警報音又は音声で知らせます。

○住宅用自動火災報知設備 → 感知器、受信機、中継器等から構成されるシステムタイプの警報設備です。

【種類】
○ 煙式警報器 → 煙を感知して、火災の発生を警報音又は音声で知らせるもので、一般的にはこれを設置します。(全ての場所に設置できます。)

○ 熱式警報器 → 熱を感知して、火災の発生を警報音又は音声で知らせるもので、日常的に煙や蒸気の多い台所に向いています

※火災とガス漏れを両方検知できる複合タイプもあります。

ページの先頭へ

どこに取り付けるの?

子供部屋や高齢者の居室など、就寝に使われている部屋に取り付けましょう。
寝室・階段への取り付けは義務付けられています。
台所・居室への取り付けもお勧めします。

【寝室(子供部屋)】
 火災警報器は、少なくとも住居内の寝室にあたる部屋に取り付けましょう。

【階段】
 1階以外に寝室がある場合には、階段にも取り付ける必要があります。

【寝室】
 寝室となる部屋には取り付けましょう。

【居間】
 一般的には、日常の喫煙で作動するようなことはありませんが、火災警報器に直接煙をかけるようなことがあれば、警報を発する場合があります。

【台所】
 キッチンへの取り付ける場合は調理のときに換気をおこなわないと誤作動の原因となることがあります。
 また「煙式」を取り付ける場合には、調理のときに、煙や水蒸気のかからない場所に取り付けるよう、注意しましょう。

ページの先頭へ

取り付けのポイントは?

火災警報器の中心(感知部)を壁から60cm以上離して取り付けます。
天井にはりがある場合には、火災報知器の中心から60cm以上離します。

【エアコンのある場合】
エアコンや換気扇の吹き出し口付近では、1.5m以上離しましょう。

【壁掛けタイプ】
天井から15~50cm以内に火災警報器の中心(感知部)がくるようにします。

はりがない場合

はりがある場合

エアコンがある場合

壁掛けタイプ

ページの先頭へ

 

火災報知器のお手入れの仕方は?

○乾電池タイプは忘れずに電池の交換をしましょう
 乾電池タイプの住宅用火災警報器は、電池の交換が必要です。定期的な作動点検のときに「電池切れかな?」と思ったら、早めに交換することをおすすめします。また、電池が切れそうになると音やランプで知らせてくれます。
注)警報が鳴らない場合は電池切れが考えられます。

○おおむね10年をめどに、機器の交換が必要です。
 火災報知器の交換は、機器に交換時期を明記したシールが貼ってあるか「ピー」という音などで交換時期を知らせます。そのめどがおおむね10年です。詳しくは購入時の取り扱い説明書を確認してください。

○定期的に点検しましょう
 定期的(1カ月に1度が目安です。)に、火災警報器が鳴るかどうかかテストしてみましょう。また長期に家を留守にしたときも、火災報知器が正常に動くかテストしましょう。

点検方法は、本体の引きひもを引くものや、ボタンを押して点検できるものなど、機種によって異なりますから、購入時に点検方法を確認しておきましょう。

ページの先頭へ

どこで購入できるの?

防災設備会社、ホームセンター、電気用品店、警備会社などで購入することができます。

鑑定マーク鑑定マーク(NSマーク) 
 

購入の際には、この「鑑定マーク」を目安にしてください。

日本の法令に適合することを日本消防検定協会が保証するものには「鑑定マーク(NSマーク)」が付いています。

ページの先頭へ