MENU

閉じる

閉じる


トップ > 各課のしごと > 建設部都市計画課 > 都市計画住宅係 > お知らせ > 大館能代空港IC~鷹巣IC 3月21日(水)15時30分に開通します!

大館能代空港IC~鷹巣IC 3月21日(水)15時30分に開通します!

開通時刻と開通式典の詳細が決定

 平成30年3月9日、国土交通省東北地方整備局能代河川国道事務所が、鷹巣大館道路(大館能代空港IC~鷹巣IC)の開通時刻と開通式典の詳細について記者発表しました。

1.開通時刻
 一般車両の開通時刻は 平成30年3月21日(水)15時30分の予定です。
 ※今回開通する区間は、無料となります。
 ※今回開通する区間は自動車専用道路となり、歩行者・自転車・軽車両及び二輪車(125cc以下)は通行できません。
 ※準備を整え安全を確保したうえで通行開始をしますので、時刻は変更する場合があります。

2.開通式典
 1)日 時 平成30年3月21日(水)11時~
 2)場 所 秋田県北秋田市脇神地内
 3)主 催 秋田県、北秋田市、国土交通省東北地方整備局
 4)式典内容
   ▼開式 ▼挨拶 ▼来賓祝辞 ▼来賓紹介 ▼メッセージ ▼テープカット、くす玉 ▼閉式 ▼パレード

3.開通イベント ※開通記念イベントのチラシはこちらPDFファイル
 1)日 時 平成30年3月21日(水) 10時~12時30分 
 2)集合場所 空港ふれあい緑地  
  ※開通イベントには、一般車両・徒歩での入場はできません。空港ふれあい緑地からイベント会場へシャトルバス(9時50分運行開始)を運行します。
 2)イベント内容
   ▼開通記念フリーウオーク
   ▼吹奏楽・郷土芸能披露
   ▼郷土料理ふるまい(きりたんぽ鍋、比内地鶏鉄板焼き、鮎の塩焼き、甘酒)※数量限定無料
   ▼ご当地キャラ大集合!
   ▼企業・観光パネル展
 

開通日の記者発表

 平成30年1月29日、国土交通省東北地方整備局能代河川国道事務所が、鷹巣大館道路(大館能代空港IC~鷹巣IC)の開通日について記者発表しました。

 記者発表の内容は、次のとおりです。
 また、この記者発表を受け、津谷市長がコメントを出していますので、合わせてお知らせします。

鷹巣大館道路(大館能代空港IC~鷹巣IC)が3月21日(水)に開通します

 国土交通省が進めてきました、鷹巣大館道路 大館能代空港IC~鷹巣IC間の延長1.7Kmが、平成30年3月21日(水)に開通する見込みになりましたので、お知らせします。
 今回の開通により、鷹巣大館道路が全線開通し、秋田県北地域の産業・観光の支援、救急患者の安定搬送に大きく寄与することが期待されます。
 なお、インターチェンジの名称については、「大館能代空港IC」に決定しましたのでお知らせします。

◆鷹巣大館道路の開通により期待される効果
 効果1:進むネットワーク化が県北の企業進出・新規雇用を後押し
 効果2:空港との連携による広域周遊観光を支援
 効果3:安定・迅速な救急搬送を支援

1.開通区間

 ◆鷹巣大館道路
  大館能代空港IC(北秋田市)~鷹巣IC(北秋田市) (延長1.7km)
  ※今回開通する区間は、無料となります。
  ※今回開通する区間は自動車専用道路となり、歩行者・自転車・軽車両及び二輪車(125cc以下)は通行できません。

2.開通日

 ◆平成30年3月21日 水曜日
 ※当日の開通時刻、開通式典については、後日お知らせします。

3.路線名及びICの正式名称

 ◆路線名 日本海沿岸東北自動車道(通称:秋田自動車道)
 ◆IC名称 (仮称)あきた北空港IC → 大館能代空港IC
  ※インターチェンジの名称については、地元自治体の意見を反映し決定しております。

津谷市長のコメント

平成30年1月29日 

 これまで国土交通省をはじめ関係各機関に早期開通を働きかけてまいりました日本海沿岸東北自動車道「鷹巣大館道路(大館能代空港IC~鷹巣IC)」間が、3月21日に開通することが発表されました。
 大館能代空港ICは、その名の示すとおり大館能代空港に直結しておりまして、平成10年の空港開港から20年という大きな節目を迎える年に、高速道路の開通が重なりましたことは、大きな喜びであります。

 この度の開通により、当市は、首都圏と県北地域の物流拠点として大きな役割を担うことが可能となり、企業の進出や移動時間の短縮による雇用範囲の拡大など、経済の活性化が大いに見込まれますし、観光面では、日本三大樹氷と花の百名山の「森吉山」を中心とした広域周遊観光ルートを形成しながら、近年増加を続けるインバウンド観光の拠点としても活用が期待されるところであります。
 そして、「伊勢堂岱遺跡」へのアクセス向上により、日沿道・東北道を介して直結される関係自治体とも一層の連携強化が図られ、「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」として世界遺産登録に向けた弾みがついたものと考えております。
 また、高速道路の延伸により、高度医療が必要な救急搬送の際には搬送時間の短縮や走行時の安定性がより確保され、搬送患者の負担も軽減されることとなりますので、まさに「命の道」ともいえるこの道路は、医療福祉の充実による安全・安心なまちづくりを目指す当市にとって欠かすことのできない重要な道路であります。

 開通に際してご尽力いただいた多くの関係者の皆様に感謝申し上げますとともに、今後とも、二ツ井白神IC間までを含めて全区間の早期開通に向けた要望活動を継続しながら、当市に発展に向けて、引き続き全力で取り組んでまいります。

 

お問い合わせ先

北秋田市建設部都市計画課都市計画住宅係
〒018-4392 秋田県北秋田市米内沢字七曲23
TEL:72-5246 FAX:0186-72-4747

ページの先頭へ