MENU

閉じる

閉じる


トップ > くらしの情報 > 防災 > 災害時要援護者避難支援制度

災害時要援護者避難支援制度

(必須項目です。必ず入力してください)
トップページ「更新情報」のタイトル

災害時要援護者避難支援制度

近年、多発する自然災害において、犠牲者の多くが高齢者や障がい者等であることから、災害時に自力で避難することが困難な要援護者に対する避難支援対策の重要性が認識されるようになりました。

 北秋田市では、災害時における要援護者への支援を適切かつ円滑に実施するため、平成21年11月より『災害時要援護者避難支援制度』を実施しています。
 また、平成23年5月には『北秋田市災害時要援護者避難支援プラン(全体計画)』を策定し、要援護者の登録申請受付、避難支援体制の整備等に取り組んでいます。独居高齢者や高齢者のみの世帯の方、要介護認定者、障がい者など、災害時に自力で避難することが困難な方や不安を感じる方は、申請書にて福祉課まで申請してください。

 ・『災害時要援護者避難支援プラン(全体計画)』 PDFファイル(793KB)
 ・『パンフレット』 PDFファイル(363KB)
 ・『申請書』PDFファイル(137KB)
 

 災害発生時において、一般の避難所では要援護者に配慮した構造になっていないほか、常時、介護が必要な要援護者にとっては、一般の避難所での生活は困難が強いられることが考えられます。

 北秋田市では、平成23年12月に市内福祉関係団体と福祉避難所協定を締結し、特別な配慮が必要な要援護者が、安心して生活できる体制を整備した施設を福祉避難所に指定しました。
 福祉避難所に指定された施設は、災害発生時における要援護者の二次避難所として活用します。

 ・『福祉避難所一覧』 PDFファイル(39KB)

お問い合わせ先

 福祉課地域障がい福祉係 電話0186-62-6637

ページの先頭へ