MENU

閉じる

閉じる


トップ > 観光情報 > カテゴリから探す > 歴史・文化 > 合川地区 > 丈六延命地蔵菩薩像(じょうろくえんめいじぞうぼさつぞう)

丈六延命地蔵菩薩像(じょうろくえんめいじぞうぼさつぞう)

(必須項目です。必ず入力してください)
トップページ「更新情報」のタイトル

丈六延命地蔵菩薩像

 

 丈六延命地蔵菩薩像は白津山正法院に安置されており、木造の半迦地蔵尊像としては、県内でもっとも製作年代が古いとされています。
 昭和25年、国宝申請の話がありましたが、賛否両論が巻き起こり、残念ながら話は立ち消えになったという経緯があります。
 仏像の高さが約5mあることから「丈六延命地蔵尊」と呼ばれています。

言伝え

この地蔵尊には、ふたつの言い伝えがあります。

  • 「弾丸よけ地蔵」(たまよけじぞう)
    兵士たちがお参りをすると不思議なことに弾丸があたらなかったことから。
  • 「汗かき地蔵」
    この地方に疫病が発生した時、住民の身を案じて、地蔵尊が びっしょりと汗をかいていた、と言われたことから。

施設案内

 鎌沢集落にある白津山正法院というお寺の地蔵堂に安置されています。

所在地

 秋田県北秋田市鎌沢字家ノ南45
 曹洞宗 白津山 正法院

ページの先頭へ