MENU

閉じる

閉じる


トップ > 観光情報 > カテゴリから探す > 歴史・文化 > 合川地区 > 三十三観音像と樹温寺庭園

三十三観音像と樹温寺庭園

(必須項目です。必ず入力してください)
トップページ「更新情報」のタイトル

三十三観音像

庭園

 三十三観音像(さんじゅうさんかんのんぞう)

 三十三観音像は、実は34体あります。 実際にご覧になって数えてみてください!
 観音像が安置されている樹温寺は、大永元年(1521)に開かれたお寺で、寛永17年(1640)頃に現在地に建てられたと伝えられます。

 

樹温寺庭園(じゅおんじていえん)

 庭園は樹温寺の山背側にあります。木や花の種類赤松、さつき、いちい(おんこ)、 かきつばた、つつじなどが見られます。
 特につつじは見事で、花の咲く頃には多くの人々が見学に訪れます。

施設案内

 樹温寺は木戸石集落にあり、三十三観音像は、その境内の観音堂に安置されています。

開園時間

 午前9時から午後5時

ページの先頭へ