MENU

閉じる

閉じる


トップ > ちいきの話題 > 2017年 > 10月 > 平成29年度 森吉地区敬老式

平成29年度 森吉地区敬老式

互いの健康長寿を喜び合う

2017年10月3日
森吉地区敬老式(10月3日、森吉総合スポーツセンター)

平成29年度森吉地区の敬老式が、10月3日(火)に森吉総合スポーツセンターで開かれ、約420人が出席して長寿を祝いました。

森吉地区敬老式(10月3日、森吉総合スポーツセンター)
森吉地区敬老式(10月3日、森吉総合スポーツセンター)

新敬老を代表してあいさつを述べる竹田昭雄さん
新敬老を代表してあいさつを述べる竹田昭雄さん

 平成29年度森吉地区の敬老式が、10月3日(火)に森吉総合スポーツセンターで開かれ、約420人が出席して長寿を祝いました。

 今年の敬老式対象者は市全体で8,247人(男2,927人、女5,320人)、そのうち森吉地区の対象者は1,578人(男583人、女995人)でした。また、森吉地区で白寿を迎えられた方は3人、同じく米寿は45人、同じく75歳を迎えられ敬老者の仲間入りをした方は88人でした。

 式典では、はじめに津谷市長が「今年もこの会場で皆さんの元気そうなお顔と再会することができて大変うれしく思う。本当におめでとうございます。今の私たちがこうやって豊かに過ごさせてもらっているのも、大先輩である皆さんが長年にわたって一生懸命頑張ってこられたご尽力のたまものであり、改めて深く感謝申し上げる。市としても、皆さんが元気で住み慣れた地域でいつまでも暮らせるよう、これからも様々な施策を展開していきたい」などとあいさつ。

 続いて、2人の児童が敬老作文を発表し、はじめに米内沢小学校5年の武石伊織(いおり)さんが「がんばるおじいさんとおばあさんへ」、次に前田小学校6年の片岡歩希(ほまれ)さんが「大好きなおじいちゃん、おばあちゃんへ」と題し、「地域のおじいさん、おばあさん、これからも体を大切にして、百歳を超えるぐらい長生きしてください」などとそれぞれ述べました。

 このあと、新敬老及び米寿を迎えた方々への祝品を、津谷市長が新敬老代表の松田ヨス子さん(山崎団地)、米寿代表の柴田ユミさん(小又)にそれぞれ手渡しました。

 また、来賓の庄司健三郎・市議会議員が「今、盛んに健康寿命のことが言われている。秋田県ではこれから10年かけて健康寿命日本一を目指すということで、いろんな計画が練られている。皆さんも健康寿命を延ばすよう十分気を付けていただき、また来年、今日よりも元気な姿でお会いできることを願っている」とお祝いの言葉を述べました。

 最後に、新敬老者を代表して竹田昭雄さん(駅前地区)が「私たちは、今日参加の先輩の皆さんのご指導を受けながら、長寿の輪をますます広げていきたい」などとお礼のあいさつを述べました。

 式典終了後の祝宴では、はじめに運営全般にわたり協力してきた森吉婦人会を代表して北林カヅ会長があいさつを述べたあと、細田隆志さん(横町)の乾杯の音頭で祝宴が始まりました。出席された皆さんは互いの近況などを語らい、ステージでの踊りや歌を鑑賞して楽しい時間を過ごしました。

敬老作文を発表する武石伊織さん
敬老作文を発表する武石伊織さん
敬老作文を発表する片岡歩希さん
敬老作文を発表する片岡歩希さん
新敬老の祝品を受け取る松田ヨス子さん
新敬老の祝品を受け取る松田ヨス子さん
米寿の祝品を受け取る柴田ユミさん
米寿の祝品を受け取る柴田ユミさん
米内沢小の児童によるよさこい
米内沢小の児童によるよさこい
敬老を祝う「祝舞」
敬老を祝う「祝舞」
根森田婦人部による七福神
根森田婦人部による七福神
余興を楽しむ出席者
余興を楽しむ出席者
再会を喜びお酒を酌み交わしました
再会を喜びお酒を酌み交わしました

ページの先頭へ