MENU

閉じる

閉じる


トップ > ちいきの話題 > 2017年 > 6月 > 森吉山ダム四季美湖 桜植樹活動

森吉山ダム四季美湖 桜植樹活動

湖畔を地域住民の憩いの場に

2017年6月26日
桜植樹活動(6月26日、四季美湖周辺)

森吉山ダム四季美湖「桜植樹活動」が、6月26日(月)に森吉山ダム周辺で行われ、四季美湖周辺の環境整備の推進を図りました。

桜植樹活動(6月26日、四季美湖周辺)
桜植樹活動(6月26日、四季美湖周辺)
 

 森吉山ダム四季美湖「桜植樹活動」が、6月26日(月)に森吉山ダム周辺で行われ、四季美湖周辺の環境整備の推進を図りました。

 この事業は、緑化推進ボランティア「グリーン・メイク(本城谷多加志代表)」が主催し、県が実施している「森づくり県民提案事業」の採択を受けて行っているもので、今回が4回目。ダム工事で裸地化した土地を再生して地域活性化と着地型観光に結びつけるとともに、桜を植えた一人一人に環境の大切さや自然の良さに関心を持ってもらい森吉山ダム四季美湖を守っていきたいという思いから実施されているものです。

 今年は協賛しているラブリバーネット北秋田の会員、秋田北鷹高校緑地環境科の生徒など約30人が参加し、エゾヤマザクラ100本、防風用にカツラ150本、計250本の苗木を植樹したほか、過去に植樹を行った場所で枯れた木を新たな苗木に植え替える補植作業も行いました。

 この日は、事務局から植樹についての説明を受けたあと、さっそく作業を開始。クワで穴を掘って肥料を入れ、そこに苗木をていねいに植えていきました。穴を掘ると大きな石があったりと苦慮する場面もありましたが、参加者同士が協力して無事に250本の植樹を完成させ、いつの日か花が咲き、参加した人たちの良き思い出になるよう、そして多くの人たちが訪れて喜んでもらえる日が来ることを願いました。

 今後についても、事務局では来年度も県の事業への応募を予定しており、採択を受けられなくてもできる限り活動を続けていきたいとしています。

今年もダム広報館の対岸に植樹
今年もダム広報館の対岸に植樹
参加者同士が協力して作業
参加者同士が協力して作業
250本の苗木を植樹
250本の苗木を植樹

ページの先頭へ