MENU

閉じる

閉じる


トップ > 各課のしごと > 総務部総合政策課 > 政策係 > お知らせ > 移住定住促進活動に従事する地域おこし協力隊1名募集します!締め切り2/15

移住定住促進活動に従事する地域おこし協力隊1名募集します!締め切り2/15

 秋田県の北部中央に位置する北秋田市。人口約33,000人、面積1,152k㎡と日本の原風景が色濃く残り、標高1,454mの県立自然公園森吉山を源泉とした数多くの瀑布や渓流に恵まれたダイナミックな自然環境や裾野に広がる景観は四季を通じて様々な表情を楽しむことができます。蔵王・八甲田と並ぶ森吉山の樹氷、北欧の風景にも似た県立北欧の杜公園、マタギ発祥といわれる阿仁マタギ、直径3.8mの大きさを誇る日本一の綴子大太鼓、世界遺産登録を目指す縄文時代後期の伊勢堂岱遺跡があり、雄大な自然と多様な文化は、どれをとっても見ごたえ十分です。また、市内には秋田県の内陸中央を北秋田市鷹巣駅から仙北市角館駅までの94.2kmを秋田内陸線が縦貫し、中心市街地近郊には羽田空港と直結する大館能代空港が立地、日本海沿岸東北自動車道も空港前ICが間もなく供用を予定し、多様な交通モードが発達したアクセス至便なところとなっています。北秋田市の最大の課題は人口減少対策ですが、現在、観光やビジネス分野における交流人口を増やす取り組みに加え、田園回帰・ふるさと回帰といった地方移住志向の高まりに伴い、子育て世代の移住・定住を進め、人口減少の抑制を図りたいと各施策に取り組んでいるところです。

 今回募集する協力隊は、移住定住の促進活動をしていただく方となっております。現在、昨年5月に着任した協力隊が1名活動しているほか、間もなく1名が着任予定です。退任後の定住に向けては市も一緒に考えてまいります。

 ぜひ一緒にこの地域を盛り上げませんか!応募をお待ちしています!

募集概要

移住・定住促進の活動に従事する地域おこし協力隊:1名 ※性別問わず、H29.4.1時点で20歳~45歳までの方

*募集イベント 1/27(土) 移住・交流情報ガーデン(東京都中央区京橋1丁目1-6 越前谷ビル1F)

PDFファイル(876KB)

 

活動内容

1.移住・定住促進の活動に従事する地域おこし協力隊

①移住・定住施策の推進に関すること

②移住・定住の促進に資する企画や提案に関すること

③移住・定住の促進のための情報発信に関すること

④移住希望者の対応に関すること

⑤既移住者及びきたあきた移住支援サポーターの対応及び交流に関すること

⑥移住・定住ネットワークセンターの管理運営に関すること

募集要件

次の①~⑥の全てを満たす方とします。

①地方公務員法(昭和25年法律第261号)第16条に規定する欠格事項に該当しない方

②応募時点で三大都市圏の都市地域又は地方都市等(総務省が定める条件不利地域を除く。)に居住し、隊員に任用された後、北秋田市へ生活の拠点を移し、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づく北秋田市の住民基本台帳に登録を受ける事が可能である方(委嘱される前に既に北秋田市に定住又は定着している方を除く。)

③誠実に職務を遂行できると認められる方

④地域活性化に意欲と熱意を有し、積極的に活動することができると認められる方

⑤道路交通法(昭和35年法律第105号)第84条第3項に規定する普通自動車免許を有している方

⑥パソコンの一般的な操作ができ、インターネット、SNS等の活用ができる方

勤務地

1.移住・定住促進の活動に従事する地域おこし協力隊

  北秋田市花園町19-1(市役所本庁舎総合政策課内)

  または北秋田市阿仁水無新町70-1(移住・定住ネットワークセンター内)

活動時間/休日

平日の9:00~16:00(昼の休憩60分)とし、一週間当たり30時間とします。

休日は、土曜日・日曜日・祝日及び年末年始(12月29日から1月3日)を基本とし、休日に活動した場合は平日の振替で対応していただきます。

雇用形態

隊員の身分は、北秋田市の特別職の非常勤職員とします。隊員の委嘱期間の単位は1年間とし、希望に応じて3年間を最長として委嘱期間終了ごとに1年間の延長をすることができます。

協力隊活動の妨げにならない範囲において、市が支給する報酬以外に本市に定住する目的をもって他の営利活動等から収入を得ようとする場合は、事前に許可を得ることとします。

報酬

月額180,000円(賞与、退職手当、時間外手当、その他の手当の支給なし)

待遇・福利厚生等

各種社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労働保険)あり。(保険料の被保険者負担分は隊員の報酬から控除。)

隊員の活動において必要となる車両及びパソコン等の事務機器は市が貸与しますが、使用は任務にかかる活動に限るものとします。

活動において発生する旅費のほか必要と認められる経費は予算の範囲で支給します。

住居は、原則として市が提供し家賃等は市が負担します。(引越し費用や生活必需品、光熱水費等にかかる経費は隊員が負担。)

申し込み期間

平成29年1月17日~平成30年2月15日 ※採用者が決まり次第締め切ります

審査方法

*1次選考 1次選考として書類審査を行います。結果は応募者全員に通知します。

*2次選考 1次選考の合格者は面接による2次選考を行います。

 2次選考の日時及び場所は合格者の都合を事前に確認したうえで1次選考の結果とともに通知します。

 2次選考会場までの交通費は、応募者の負担とします。選考結果は応募者全員に通知します。

活動開始日

平成30年4月1日

注)上記に限らず、着任日は市と採用者双方で協議し決定します。

募集案内・応募様式等

PDFファイル(248KB)

募集案内PDFファイル(284KB)   応募用紙 ワードこのリンクは別ウィンドウで開きます  PDF(90KB)このリンクは別ウィンドウで開きます   履歴書ワードこのリンクは別ウィンドウで開きます  PDFこのリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ・応募先

1.移住・定住促進の活動に従事する地域おこし協力隊
  ⇒ 総務部総合政策課政策係
    〒018-3392 秋田県北秋田市花園町19-1
    TEL:0186-62-6606 FAX:0186-63-2586

ページの先頭へ