MENU

閉じる

閉じる


トップ > 庁舎・公共施設案内 > 文化施設 > 北秋田市文化会館 > みちのく子供風土記館

みちのく子供風土記館

風土記館建設の由来

みちのく子供風土記館は、お年寄りが子供たちに昔の遊びや生活を伝える場として、また明るく親しみやすく開放的な交流の場として、小説「馬淵川」で昭和34年に直木賞を受賞された作家、渡邊喜惠子さんの寄附を基金に旧鷹巣町が建設したものです。

建物は、先生の代表作のひとつで旧鷹巣町を舞台とした「みちのく子供風土記」の時代背景である大正末期の民家をイメージして造られております。建設された場所も、作品に登場する「要(かなめ)の原っぱ」があった場所が選ばれました。

また、玄関口には、陶芸家・神成澪さん(故人。俳優・大坂志郎は兄)のステンドグラスや陶壁が使われています。神成澪さんは、渡邊喜惠子さんと親交のあった小森出身の故・神成志保さん  (注) の娘さんで、志保さんの遺志と澪さんの寄付を基金とした「野草園」が隣接する北秋田市交流センターの敷地内に建設されています。 (注)文壇の利用者が多かった酒亭・新宿「秋田」主人として知られる。

子ども館の隣接地には、渡邊喜惠子さんの文学碑が設置され、碑文には小説「みちのく子供風土記」の冒頭部分が記されています。

風土記館の概要

所在地/北秋田市材木町2番3号

みちのく子供風土記館の全景

みちのく子供風土記館の全景
(この画像をクリックすると、拡大した画像が表示されます)

ステンドグラス(神成澪 作)

ステンドグラス「太陽」(神成澪 作)
(この画像をクリックすると、拡大した画像が表示されます)

みちのく子供風土記館の内部

みちのく子供風土記館の内部
(この画像をクリックすると、拡大した画像が表示されます)

みちのく子供風土記館内にある囲炉裏

大いろり
(この画像をクリックすると、拡大した画像が表示されます)

みちのく子供風土記館内にあるかまど

かまど
(この画像をクリックすると、拡大した画像が表示されます)

みちのく子供風土記館で遊ぶ子ども達

遊ぶ子ども達
(この画像をクリックすると、拡大した画像が表示されます)

建築規模等(平面図はこちら)
建築面積 248.43平方メートル
延床面積 205.36平方メートル
構造 木造亜鉛メッキ鋼板平建
総工費 28,980,000円
開館 平成元年11月1日
館内の施設
集いのコーナー 66.24平方メートル(40畳相当)
展示コーナー 16.56平方メートル(10畳相当)
読書コーナー 16.56平方メートル(10畳相当)
研修室 19.87平方メートル(和室の10畳間)
炊事室 12.96平方メートル

 

(注)備品として昔懐かしい「かまど」やけやきの大黒柱大いろりなども置かれています。


Adobe AcrobatReaderのダウンロードPDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイトこのリンクは別ウィンドウで開きますより無償でダウンロードできます。

使用の申請

申請場所及ひ受付時間

使用の許可

使用許可の取り消し

次の場合には、許可を取り消し、又は停止します。

休館日

使用時間および使用料

みちのく子供風土記館使用料
区分(1室につき) 9時から12時 13時から17時 18時から21時30分 全日
集いの間 830円 1,030円 1,030円 2,580円
研修室 420円 510円 510円 1,330円
炊事室 830円 1,030円 1,030円 2,580円
全室(館) 1,540円 2,060円 2,060円 5,150円

冷・暖房料(1時間当り) 

1室につき(集いの間・研修室) 100円

使用にあたり守っていただくこと

施設の使用および見学の申込先

施設の使用および見学のお申込みについては、下記のお問い合わせ先までご連絡ください。

お問い合わせ先

〒018-3311 北秋田市材木町2-3 北秋田市文化会館
TEL:0186-62-3311 FAX:0186-62-2337

ページの先頭へ