MENU

閉じる

閉じる


トップ > 観光情報 > カテゴリから探す > 自然 > 合川地区 > さかさ杉

さかさ杉

(必須項目です。必ず入力してください)
トップページ「更新情報」のタイトル

さかさ杉の情報を更新しました

日本各地に伝わっている、「弘法大師伝説」がこの大木の由来となっています。
弘法大師伝説とは、弘法大師が使った箸を地面に刺したところ、そこから水がこんこんと湧いたといわれているもので、
この木の根元にも水が湧いており、祠(ほこら)があります。 合川地区の南部、三木田集落の民家の敷地内にあります。
大きさは周囲3m、高さ15mほど。根元より上の方が大きく見えていたので「さかさ杉」と呼ばれています。
今では見上げるほどの高さとなリ、枝振りも立派な木となりました。

■お願い
この杉は民家に囲まれたところにありますので、見学する時は、周りに迷惑がかからないようにお願いします。 

お問い合わせ先

北秋田市合川公民館
北秋田市李岱字下豊田25
TEL: 0186-78-2114
 

ページの先頭へ