ここから先は北の縄文回廊

世界遺産を目指している縄文遺跡群の中で、
一番南西に位置している伊勢堂岱遺跡。

伊勢堂岱遺跡(いせどうたいいせき)は、秋田県北秋田市脇神にある縄文時代後期前葉(約4,000年前)の環状列石を主体とする遺跡です。

平成7年度、大館能代空港アクセス道路建設に先立つ発掘調査で発見され、環状列石や配石遺構、掘立柱建物跡、土壙墓、捨て場など、多くの祭り・祈りの施設が見つかっています。

遺存状態がよく学術的価値が高いことから、平成13年1月、伊勢堂岱遺跡は国の史跡に指定されました。

Event - セミナーや体験イベント情報 -

Movie - 動画 -

伊勢堂岱遺跡ストーンサークルの謎

伊勢堂岱遺跡の紹介動画です。
伊勢堂岱縄文館では20分の完全版を上映しています。

Access - 伊勢堂岱遺跡への行き方 -