MENU

閉じる

閉じる


トップ > ちいきの話題 > 2019年 > 4月 > 北秋田市介護認定審査会 委嘱状交付式

北秋田市介護認定審査会 委嘱状交付式

公正な審査判定の重要性と理解への協力を

2019年4月2日

北秋田市介護認定審査会が、4月2日に市役所で開かれ、津谷市長が委員一人一人に委嘱状を交付しました。


北秋田市介護認定審査会委嘱状交付式(4月2日、市役所)


あいさつする津谷市長

 

 北秋田市介護認定審査会が、4月2日(火)に市役所で開かれ、津谷市長が委員一人一人に委嘱状を交付しました。

  北秋田市介護認定審査会は医療、福祉、保健の3つの分野から30名の委員が選ばれ、5人ずつ6つの合議体で審査判定を行っています。

 はじめに、津谷市長から委員一人一人に委嘱状を交付し「2月末現在、北秋田市の65歳以上の高齢者が13,758名、その内の2,720名が介護認定を受けており、何らかの介護サービスを利用している。審査会は申請者の心身の状態から最終的な介護度を判断する重要な役割を担っており、公正、公平な審査と厳格な判定が利用者はもちろん、利用者以外の市民の負担軽減に繋がってくる。今後も北秋田市では利用者の増加が予想されるため、審査会の重要性についての理解と、介護保険事業の円滑な推進への協力をお願いしたい」などと述べました。

 続いて、委員の互選により奈良正人委員が会長に選任され、「委員全員で厳正かつスムーズな審査を進めるとともに、2年間の任期を全うできるよう頑張っていきたい」と述べられた後、事務局が今後の各合議体の編成や、審査会の進め方などについて説明しました。

 

 

ページの先頭へ