MENU

閉じる

閉じる


トップ > ちいきの話題 > 2019年 > 4月 > 救急救命士 国家試験合格報告

救急救命士 国家試験合格報告

救急救命士国家試験に市消防士2人が合格

2019年4月4日

第42回救急救命士国家試験に合格した、市消防士で上小阿仁分署の中嶋健太さんと森吉分署の成田聖仁さんが、4月4日に市役所を訪れ、津谷市長に合格報告をしました。


救急救命士国家試験合格報告(4月4日、市役所)


津谷市長に合格報告する中嶋健太さん(左)と成田聖仁さん(右)

 

 第42回救急救命士国家試験に合格した、市消防士で上小阿仁分署の中嶋健太さん(31歳)と森吉分署の成田聖仁さん(24歳)が、4月4日(木)に市役所を訪れ、津谷市長に合格報告をしました。

 2人は昨年度、受験資格取得のための研修施設である、救急救命東京研修所(東京都八王子市)でそれぞれ約6ヶ月の研修を受け、3月10日に東京都調布市のNTT中央研修センターで行われた第42回救急救命士国家試験に合格し、救急救命士の資格を取得しました。

 2人は、就業前に北秋田市民病院で約1ヵ月間の実習を行ったあと、救急救命士として運用を開始します。

 中嶋さんは「知識、技術の習得、そしてたくさんの人と交流することができ貴重な経験であった。これからは北秋田市の生命、身体、財産を守れるよう日々研さんしていきたい」と、成田さんは「これからが本当のスタートであり、北秋田市民の期待に応えられるよう日々努力を重ね、一人でも多くの命を救えるよう頑張っていきたい」と、それぞれ抱負を述べた。

 これを受けて津谷市長は「救命救急士の資格を取得して終わりではなく、これからさらにステップアップしていって欲しい。北秋田市の安心、安全のため、1人でも大事な命を救えるよう頑張ってほしい」などと激励し、今後の活躍を期待しました。

 

ページの先頭へ