MENU

閉じる

閉じる


トップ > ちいきの話題 > 2017年 > 6月 > 綴子財産区管理委員選任書交付式

綴子財産区管理委員選任書交付式

委員に選任書を交付

2017年6月26日
綴子財産区管理委員選任書交付式

綴子財産区管理委員選任書交付式が、6月26日に旧中央公民館で行われ、7人の委員に選任書が交付されました。

綴子財産区管理委員選任書交付式
綴子財産区管理委員選任書交付式(6月26日、旧中央公民館)

綴子財産区管理委員選任書交付式選任書交付式のあと行われた第1回管理会

 綴子財産区管理委員選任書交付式が、6月26日(月)に旧中央公民館で行われ、7人の委員に選任書が交付されました。

 財産区とは、市町村合併の際に、もとの市町村の一部地域で山林、土地、墓地、原野などの特定の財産や公の施設を保有する場合に、その財産や公の施設の管理をするために設置される行政組織のことで、北秋田市には、綴子、七日市、坊沢、栄、米内沢、前田、阿仁合、大阿仁の8財産区が管理会を設置して運営しています。財産区の管理委員は、財産区の区域内に3か月以上住所を有する者で、市議会の議員の被選挙権を有する者の中から、市長が市議会の同意を得て選任します。

 この度の綴子財産区管理委員の選任は、任期満了に伴うもので、4月25日に行われた平成29年北秋田市議会第1回臨時会で議会の同意を得たものです。

 この日の選任書交付式では、はじめに津谷市長が一人一人に選任書を手渡し「綴子財産区は、60年におよぶ歴史があり、78ヘクタールというたいへん広大な面積の中にある地下資源や森林資源が、先人の方々の努力により営々と引き継がれてきた。このあとも、後世に残していかなければならない地域の宝であり、北秋田市とっても大きな宝でありますので、皆さんには、しっかりと財産区の管理運営にあたってほしい」などとあいさつを述べました。

 選任書交付式のあと、第1回財産区管理会が開かれ、委員の互選により会長に工藤文一郎さんが選任され、会長職務代理使者には工藤会長の指名により太田兵一さんが選任されました。また、平成28年度北秋田市綴子財産区特別会計決算について審議が行われ、採決の結果、全会一致で可決されました。

 綴子財産区管理委員の任期は、平成29年6月23日から平成33年6月22日までの4年間です。

北秋田市綴子財産区管理委員

氏 名 年 齢 住 所 備 考
佐藤 與藏 67歳 綴子字上野63番地3 新任
畠山 善一 65歳 綴子字囲ノ内14番地 新任
太田 兵一 69歳 綴子字糠沢中谷地247番地 新任
野呂 進 67歳 綴子字大堤110番地1 新任
藤島 勝政 67歳 綴子字田町65番地 再任
工藤 文一郎 79歳 綴子字田中63番地 再任
村上 三雄 75歳 綴子字古関133番地1 新任

ページの先頭へ